098-877-2107

快適なカーライフをご提案する
人情くるまや三和自動車(株)

カーリースの残価って?

今までの新車の買い方は、現金かクレジットでしたが、3つ目の選択肢としてリースがあります。

最近ではよくこの”カーリース”の説明の中に「残価設定」という言葉がよく出てきます。これはいったい何を意味しているのでしょうか?
ここでは、カーリースの残価設定の意味やお得な料金のしくみなど解説していきます。

毎月の返済金額が安くなる理由=残価設定

残価とは、リース期間が満了した時点での車の予想価値のことを表し、「残存価格設定」の略です。
要するにリース期間(5・7年)が終了した時点で、お車を売る場合に市場では幾らで売られているかを予め予想した金額(車の査定額)の事をいいます。

通常、リース契約満了時にその車にどれだけの価値があるのか、走行距離や将来の中古車市場価格などを参考にしながら設定されます。
もちろん人気の車種などは査定額が上がりやすですよね♬


残価設定ローンは、将来のクルマの下取り価格を予め設定し、総額から残価を差し引いた金額でローンを組むかたちになりますので、月々のお支払い金額を減らすことができます。
また、残価の部分はリース料に含まれませんので、リース契約では車の全額を支払っているのではなく、残価を差し引いた分をお支払い頂くのでマイカーローンなどに比べて月々の支払額をお安くすることができるのです。

カーリースと残価の関係

女性スタッフ

例えば、200万円の新車を購入する場合、5年後に下取りとして出した場合の価値が50万円だとします。そうすると、200万円から50万円を引いた金額(150万円)を契約月数で割って算出することになり、本来200万円の新車を150万円で乗るということが出来るということです。

じゃあ、残価の部分は考えなくていいんですね♪
通常のローン購入よりも月々の出費が安く抑えられるので、家計にも助かるわ♪

お客様